i

本文へスキップ

BONSAI 花人
    吉田一結
   
      YOSHIDA ICHIYU

        

私たちは、さまざまな情報やモノが溢れる中で暮らしています。忙しく過ぎていく時の流れに気づかず、ストレスや疲れをため込んでしまったり、不安な気持ちになることもあります
そんな時に雨音や鳥や虫の声、風の音、苔や土、草木の匂いが、とても心地よく感じられると、心が少し軽くなります。
自然が、さまざまな恩恵を与えてくれていることを、素直に受け入れ、元気をもらえてるのだと思います。



イメージ01

見慣れた日常の空間に、野の花を一輪、小さな瓶に生けてみてください
その瞬間、そこは命の温もりを感じる異空間に変わります。

生かす事を継続させながら、未完の美、破調の美をを追及し続ける
BONSAI。
BONSAIには、私たちを空間の世界へと誘い、無限の時と空間を創り出してくれる不思議な魅力があります。








イメージ02

年齢を重ね、変化していく心と身体に戸惑いを覚えるようになり、薬食
同源(医食同源)意識するようになりました。
春は芽もの、夏はぶらりもの、秋は実もの、冬は根ものの意味にも納得です。
山野草などの植物を育てながら、さまざまな空間に季節の花を飾り、薬草茶や野草食として日々の生活に取り入れて暮らしています。
季節の花を愛で、草木の姿を楽しみ
季節のものを食することは、とてもありがたいことです。








イメージ03


森羅万象との結に感謝しながら過ごす時間は、ちょっと贅沢でお洒落な大人の遊びでもあり、私も自然の一部なのだと感じられて幸せです。
植物を育てることは、毎日の水やりや肥料、日光、土、植え替えなどいろいろと大変です。枯らしてしまうこともありますが、育てること、飾ることの喜びや楽しみは、また格別なのです。どんなに忙しくても、忙しいと口に出さないよう心掛けています。忙しいという字は心をなくすと書くので。
植物たちは、私が心をなくしている時に気づかせてくれます。
私も植物たちに癒され育てられていることに、感謝です。





生かすことを継続させ、未完の美、破調の美を追及し続けるBONSAIは、私たちを異空間へと誘います。
そして、時にはその姿に心和まされ、元気をもらったりと、素敵な偶然を創り出してくれる、不思議な魅力があります。

PROFILE

福岡生まれ
福岡市城南区在住
11歳で華道池坊入門
京都池坊短期大学国文科文芸卒業
卒業後も華道を学びながら、モデル、フラワーコーディネー
ターとしてCMや広告などの広告の仕事に携わる。
結婚出産後に華道会をやめ、糸島市二丈の山の中にて山野草を
育てながら、CHABANA BONSAIの制作を始める。



華道池坊正教授 免状
茶道裏千家
日本盆栽協会福岡支部準会員
糸島二丈盆栽会会員
薬草コーディネーター
IFAブリザードフラワーデザイナーズインストラクター資格
野の花学校 
遊山百草 主宰
(季節の野草を楽しむ集まり)
野草食研究家
お知らせ





作品

トキワシノブは1年中緑が楽しめます。
茎の部分に与える水を控え目にすると白っぽい猫の手のようになります。
イグサはいつのまにか飛び込んできて、その存在を主張してます。

少し大きめの苔玉です。
草はは枯れてしまっても春にはまた芽を出します。
苔だけになってもそれなりに楽しめます

ヒトツバを植えていたらヒメギボウシ、コガネシダが仲間入りしました。コガネシダの秋の紅葉も綺麗です。
ヒトツバも1年中楽しめます。

森の卵と名付けたテラリウムです。時々フタを開けてください。
卵の中で森の蒸散作用。
水やりは土が湿る程度で土が湿った状態を維持できるようにしてください。
2〜3週間に1度霧吹きで水を与えるだけでも大丈夫です。



ナビゲーション

       
       新着情報
         




WORK
                                
       CHABANA BONSAI
       盆栽鉢にいけばな、茶花のようにお気に入りの植物たちを寄せ植えします。繊細で小さなお庭を楽しむことが出来ます。

       苔玉        moss ball
       石付け       moss plate
       盆景        moss garden
       苔テラリウム    moss terrarium
                   *リメイクもいたします。(有料)


         
                           

       花あしらい      投げ入れ、花、茶花、オブジェ、植物による空間演出、ディスプレイなど
                   ¥30000より(材料費は別途になります。)
                   *詳しくはご相談下さい。
       野の花学校      4月と10月の年に2回、野の花を摘み、身近にある器に飾ったり、
       遊山百草       自然観察をしながらの山遊びをしています。
                  山野草の育て方、お茶になる山野草、食べられる野草食などを学びます。寄せ植えを
                  作ることもあります
                                         参加費用 ¥1500より 

                                      *詳細はホームページでお知らせします。

        CHABANA BONSAI・花あしらい教室 
                                     花あしらいとは花によるおもてなしのことです。私は主に、花留めを使わない投げ入れをやってます。
                                     苔や山野草だけでなく、洋物も取り入れ、和洋折衷、和モダンの花、オブジェを作ります。            
               
                   
                日時  花あしらい 第2月曜日(祝日の場合翌日)
                    CHABANA BONSAI 第3土曜日、第4月曜日(祝日の場合翌日)
                    13:30〜17:30
                場所  梅林教室
                     福岡市営地下鉄 七隈線 梅林駅より徒歩3分
                     駐車場2台あり
                    糸島教室
                     糸島市二丈福
                     駐車スペースあり

                 *通常は梅林教室になります。
                  イベントなどにより、日時の変更がある場合があります。
                  1月、7月、8月はお休みです。
                レッスン料
                     ワンレッスン ¥3000(税込)2点〜3点作ります。
                     材料費    ¥1500〜(税込)
                    *要予約    定員4名様
                  道具、材料など教室で準備しております。必要なものを購入してください。
                  エプロン、作品を入れるて持ち帰られものをご持参ください。 


           WORK SHOP

                苔玉、苔テラリウム、ミニ盆栽、CHABANA BONSAIを制作します。
                5名様〜受け付けております。(お1人、¥3500より2点以上はプラス材料費になります。)
                  *遠方の場合は、交通費、出張費をいただいております。


           
      作品の販売
                 店舗はありませんので、イベントの際には、ホームページでお知らせします。
                                    
  

    一結フォトギャラリー  計画中 
   只今三苫正勝先生についてカメラ修行中です。
   作品、山野草、野草食、糸島の風景などそれなりに撮影できるようになりましたらHPで紹介していきます。


  
                                           連絡先
                                           〒814−0144
                                       福岡市城南区梅林5丁目5−11(梅林教室)
                                       080−5257ー0573(留守電にメッセージをお願
いします)
                                                
                                                               mail  ichiyu87@gmail.com
        撮影/三笘正勝
        撮影協力/宗像市中村研一、琢二生家美術館